OPEN

CLOSE

診療部 ー 糖尿病内分泌内科

診療内容

診療内容

糖尿病内分泌内科では次のような方の診察をします。

糖尿病(1型、2型、妊娠糖尿病など)、肥満症、脂質異常症、高尿酸血症、甲状腺疾患(橋本病・バセドウ病など)、間脳下垂体疾患、副腎疾患(副腎皮質機能低下症、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など副腎腫瘍に由来する疾患)、副甲状腺疾患、骨粗しょう症診療を主に行っています。

主な診療内容・症状

下記のような症状は受診をおすすめします

  • 健康診断で糖尿病が疑われた時

  • 健口渇、多飲、多尿、体重減少

  • 動悸、発汗、手指のふるえ、全身倦怠、 むくみ、さむがり、頚部の腫脹、健康 診断で甲状腺疾患の疑われた時

  • 腰痛、背部痛、健康診断などで骨粗しょう症が疑われた時

糖尿病について

血液中のブドウ糖のことを血糖といいます。ブドウ糖はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きにより厳密に調節されており、身体を動かすエネルギー源になります。しかし、インスリンが欠乏したり、うまく働かったりすると、血糖が上昇して血糖値が高い状態が持続します。これが糖尿病で、尿にも糖が出るようになります。

糖尿病の治療について

甲状腺疾患について

甲状腺は首の前の方にあり、甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホルモンは身体の発育や、新陳代謝の維持に重要な役割を果たしています。ホルモンが過剰に分泌されることを甲状腺機能亢進症といい、不足することを低下症といいます。機能亢進症の症状としては、動悸、発汗、手指の振るえ、体重減少などがあり、低下症の症状としては、全身倦怠感、むくみ、皮膚の乾燥、さむがりなどがあります。また頚部の腫脹を自覚されることもあります。

甲状腺疾患の治療について

骨粗しょう症について

骨にはたんぱく質やリンなどとともにたくさんのカルシウムが含まれています。高齢化や女性の閉経に伴い、骨の成分は全般に減少しますが、これが病的に減少するのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症になると骨がもろくなり、骨折しやすくなり、痛みも出現します。症状としては、腰痛、背部痛などで、大腿骨頚部骨折の主な原因でもあります。 

担当医表

時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 佐々木(由)

中島
- 高橋(哲) 松山

高橋(哲)
松山
午後 佐々木(百)

高橋(哲)
- 14時~
佐々木(百)
(1・3・5週)

中島
(2・4週)

神大医師
14時~
中島

佐々木(百)
14時~
神大医師

医師・スタッフ紹介

主任部長髙橋 哲也

専門分野

糖尿病、内分泌代謝

資格など

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本内科学会認定教育施設指導医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
  • 日本病態栄養学会病態栄養専門医・指導医

医長中島 進介

専門分野

糖尿病、内分泌代謝

資格など

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本内分泌学会専門医

医員佐々木 百合子

資格など

  • 日本内科学会 認定医内科医

専攻医大島 令子

専門分野

糖尿病、内分泌代謝

資格など

  • 日本医師会産業医

非常勤医師松山 温子

専門分野

糖尿病、内分泌代謝

資格など

  • 日本内科学会認定内科医

非常勤医師佐々木 由佳

専門分野

糖尿病、内分泌代謝

資格など

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会専門医