OPEN

CLOSE

診療部

腎臓内科

脳神経内科脳神経内科

腎臓内科の特色

腎臓内科では、慢性腎炎・ネフローゼ症候群や糖尿病性腎症から末期腎不全(血液透析・腹膜透析)を主な診療対象としています。腎疾患は、要所での専門的な介入と、長期にわたる総合的な診療が必要な進行性の疾患です。また、認定看護師による透析療法選択外来では、看護師から血液透析と腹膜透析の特徴、食事、入浴、日常生活など細やかな指導を行っています。

診療内容

腎臓内科では次のような方の診察をします。

  • 糸球体性蛋白尿(糖尿病性腎症、原発性糸球体腎炎、ネフローゼ等)膠原病等に合併した糸球体腎炎および間質性腎炎など

  • 急性腎不全(急性尿細管壊死、急速進行性糸球体腎炎、腎前性・腎後性腎不全など)

  • 保存期腎不全(慢性腎不全)

  • 透析導入期慢性腎不全

  • 維持血液透析(慢性透析)、腹膜透析

  • 電解質異常、酸塩基平衡異常など

■検査項目について

血液・尿検査、血液・尿蛋白分画、補体、免疫グロブリン、各種自己抗体など
画像診断:腹部CT、エコー、腎シンチなど
内シャント血管造影・三次元CTなど