OPEN

CLOSE

診療部 ー 糖尿病内分泌内科

治療について

糖尿病の治療について

糖尿病には若年者に多いインスリン治療が必須となる1型糖尿病と、中高年に多く生活習慣病として知られている2型糖尿病があります。この2型糖尿病は遺伝的要素に加えて、過食・運動不足など、さまざまな生活習慣が原因となります。「2016年国民健康・栄養調査」では初めて日本の糖尿病人口が1000万人に上り、予備軍まで含めると2000万人となることが報告されています。糖尿病はある程度病状が進行するまで(血糖値が正常の2~3倍以上にならないと)無症状ですが、高血糖が持続すると網膜症(中途失明者の大半は糖尿病)、腎症(人工透析の原因疾患の第1位は糖尿病)、神経隧害(痛み、知覚低下などで四肢の切断のきっかけにもなる)などの糖尿病に特有の合併症が進行したり、動脈硬化が速く進行し、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの重い病気の原因になったりします。これらの合併症、特に糖尿病に特有の網膜症(眼)、腎症、神経障害は糖尿病を治療することにより、予防できますので、高血糖を指摘されたらはやめに受診してください。
また自覚症状がある場合には、ときに極端な高血糖で緊急に治療しないと生命に危険がありますので早急に受診してください。

検査方法

空腹時には血糖値は110mg/dI未満が正常で、空腹時126mg/dI以上、または食後の血糖値が200mg/di以上のときには糖尿病と考えます。なお空腹時血糖が110~125mg/dIと軽度上昇しているか、空腹時血糖は正常でも食後血糖が常に140mg/dI以上の場合は境界型糖尿病といわれています。
この場合も動脈硬化のリスクは高まり、糖尿病と同様の食事、運動療法が望ましいと考えます。HbAlcは赤血球の中にあるブドウ糖の結合したヘモグロビンの割合を表しており、1~2ヶ月前の血糖の平均値を示します。正常型は5.6%未満(NGSP値)で、5.6~5.9%は要注意、6.0~6.4%は糖尿病が否定できない、6.5%以上のときには糖尿病型と考えます。
網膜症の診断には眼底検査(眼科診察)が必須です。腎症の早期発見のためには尿中アルブミンの測定が有用であり、神経障害の検査としては簡便な振動覚検査やアキレス腱反射、また詳しい検査として神経伝導速度の測定があります。動脈硬化症の検査としては頚動脈エコー、足関節上腕血圧日(ABI)や脈波伝播速度(PWV)などがあります

治療方法

糖尿病の治療の第ーは食事療法です。普段の私たちの食生活ではエネルギー過剰または偏った内容の食事になっていることが多く、管理栄養士により適切な栄養指導を受ける事が必要です。なお糖尿病食は決して特別な治療食ではなく、健常者にとっても適切な食事です。
次に重要なのは運動ですが、急にスポーツをはじめろというわけではなく、適切な運動習慣をつけることが重要です。なかには運動制限のある方もありますので、医師や理学療法士による指導のもとに行うことが大切です。これらの正しい食事・連動療法により2型糖尿病の方の血糖値は改善されますが、充分に改善されない場合には、内服薬やインスリンなどの注射薬による治療が必要になります。
最近ではDPP-4阻害薬、GLP-1作動薬、SGLT-2阻害薬といった効果の高い新しい糖尿病治療薬が次々と開発され、糖尿病治療に大きな進歩をもたらしています。是非、主治医に御相談下さい。

糖尿病教育(体験)入院について

糖尿病の治療は基本的には外来治療です(昏睡など非常な高血糖の場合には緊急入院治療が必要)が、糖尿病の一般的知識を理解、整理してもらったり、食事のカロリー計算や、自己血糖測定、インスリン自己注射などを覚えていただいたり、合併症の有無や程度を詳しく検査するには短期間の入院が望ましいと思われます(とくに食事の量、内容をよくわかっていただくために)、通常7日程度ですが、もっと短期間でも可能ですので主治医にご相談ください。

糖尿病教室

当院では毎週月曜日―金曜日(休日は除く)の11時―11時30分、7Fデイルームで、以下の日程で糖尿病教室を開催しております。参加自由ですので気軽におこしください。

糖尿病教室 実施日 毎週月-金曜日(祝日は除く)
11:00~11:30
実施場所 7階病棟 デイルーム
曜日 開催内容 担当者
月曜 くすりについて 薬剤師
火曜 糖尿病療養の心構え 医師
水曜 運動について 理学療法士
木曜 合併症と日常生活 看護師
金曜 食事について 栄養管理士

糖尿病療養の心構え

糖尿病についてわかりやすく説明し、療養についてのチェックポイントなど、具体的な事柄を含めてお話させていただいています。

くすりについて

糖尿病薬物療法についてビデオ上映 / 薬物療法(内服薬・注射薬)について説明 / 低血糖について説明

運動について

運動療法の効果・実際の運動療法・運動の注意点などを理学療法士が説明します。また、ストレッチ体操の資料を配布していますので、実際に運動してみて、わからない点を質問して頂くこともできます。

合併症と日常生活について

患者さまに安心して日常生活を過ごしていただけるように、糖尿病の症状、低血糖、シックデイ対策、合併症の予防、フットケアの仕方についてパンフレットを用いながら行なっています。また、参加された方々との意見交換も行ないながら、なごやかな雰囲気で教室を開催しています。

食事について

金曜日の糖尿病教室では、糖尿病療養指導士のライセンスを持った管理栄養士が食事療法の実際Ⅰ(健康的な食事とは・栄養素の種類と働き・食事療法の重要性・糖尿病食品交換表の基礎)、食事療法の実際Ⅱ(糖尿病食品交換表の使い方・食事の配分・調味料の使い方)、外食・アルコール・間食についての3回シリーズでフードモデルやゲームなども交えて楽しくわかりやすい教室を目指しています。また、個別の栄養相談も実施しておりますので、ご希望の患者さまは主治医又は管理栄養士までお申し出ください。

甲状腺疾患の治療について

甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモンが過剰な状態)
代表的な疾患はバセドウ病です。自己免疫疾患で、甲状腺を刺激する自己抗体がつくられ甲状腺を持続的に刺激するために機能亢進を起こします。機能亢進の症状のほかに眼球突出を起こすことがあります。甲状腺は普通柔らかく腫脹します。甲状腺機能検査(TSH ・FT4・FT3、抗サイログロブリン抗体、抗TPO 抗体、TRAb、TSAbなどの血液検査)で診断できます。またこれ以外に無痛性甲状腺炎(橋本病にともなう)、や亜急性甲状腺炎(痛みが強い)などでも一時的に甲状腺機能亢進がおこります。またまれですが甲状腺ホルモン産生腫瘍があります。これらの診断にはエコーやシンチグラフィーが必要なこともあります。バセドウ病は抗甲状腺剤の内服で治療しますが、場合により放射性ヨード治療や手術療法が望ましいことがあり、これは当院では施行できませんので他の専門施設を紹介いたします。

甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンが不足している場合)
橋本病(慢性甲状腺炎)が代表的な疾患で、バセドウ病と同様に自己免疫疾患です。甲状腺に対する自己抗体ができて甲状腺に慢性的な炎症を起こし、その程度により、甲状腺機能の低下をきたします。診断はバセドウ病と同様に血液検査で容易に診断できます。甲状腺腫脹の程度はさまざまですが、典型的な場合甲状腺は硬く腫脹します。治療は甲状腺ホルモンを内服で補充します。

甲状腺腫瘍
バセドウ病、橋本病も非常に多い疾患ですが、甲状腺腫瘍も多く、その大半は特に大きくなければ治療の必要のない腺腫かのう胞です。しかし当院でも年間4-5例の手術の必要な甲状腺がんが発見されていますので、もし頚部に腫脹があったり、違和感のある方は受診ください。甲状腺がんの数パーセントに予後の悪い未分化がんがありますが、それ以外のがんは予後は良好です。(手術が必要なことが多いですが)。甲状腺のエコー検査、CTや、甲状腺に細い注射針を刺して細胞を取って診断します。 当院では甲状腺エコー、C T 、シンチ、細胞診※いずれも可能です。
※現在、当院での甲状腺吸引細胞診の施行日が月1~2回となっており、急ぐ必要がある、または結果を早く知りたい場合には専門施設をご紹介させていただいております。