OPEN

CLOSE

診療部 ー 小児科/新生児科

特色

小児科/新生児科の特色

近隣の小児開業医と共に、地域の小児の健康管理を担っています。予防接種、乳児健診などの予防医学から、感冒などの病気の治療まで行っています。肺炎、喘息発作などの入院加療もおこなっていますが、原則的に6歳未満は家族の付添が必要となります。生後すぐの赤ちゃんの新生児-未熟児-医療に力を入れ、大阪新生児医療相互援助システム(NMCS)の基幹病院です。その他子どもの発熱、咳、救急医療やアレルギー、子どもの腎臓病、けいれんなどの神経病、発達障害など神戸大学小児科と連携をとり診療しています。

子どもの疾患に対応した、小児科専門外来

午後の診療では、アレルギー、神経、腎臓、発達、肥満、内分泌代謝、心臓の専門外来を設け、それぞれの分野を専門とする小児科医が担当しています。地域の先生方からのご紹介も広く承っております。

関連リンク 治療について

子どもの救急疾患に、24時間365日対応。

大阪市西淀川区の地域病院として、小児科当直医と新生児科当直医を24時間365日配置し、小児救急に対応しています。救急専門医指定施設として、港区や此花区からも受け入れています。当院の救急医療の特色として、小児科医が、初期対応から、小児救急疾患を診療している点があります。また、外科疾患が疑われた場合は、外科医や泌尿器科医とも連携を行って対応しています。

※ただし、時間外の対応は、行える検査なども限られておりますので、お電話いただいた時点で、緊急の診察や処置が必要でないと考えられる場合は、平日の診察をご案内させていただいております。

■こどもの救急  www.kodomo-qq.jp

日本小児科学会が監修して、こどもの急病対応のサイトをたちあげました。是非一度ごらん下さい。

関連リンク 救急センター

院内連携で新生児医療にも対応

当院では、妊娠中の診療~分娩~新生児期の診察に至るまでを、1つのフロアで対応できるように、病院の5階に、産科病棟、新生児科病棟を集めて対応を行っています。これにより、緊急時でも、すぐに産科・新生児科の連携をとることができる他、入院を必要とする新生児の面会も、お母様が楽に来て頂けるようになっています。また、新生児病棟退院後の赤ちゃんが、しばらく長期のフォローアップが必要になった場合には、同じ医師が、その後の外来でも継続して診療に携われるように、新生児科・小児科間の連携も行うようにしており、胎児~新生児~小児と連続した診療を目標としております。

新生児病棟や新生児集中治療室を設置

NICU(新生児集中治療室)15床

GCU(新生児回復治療室)15床

大阪の新生児医療、周産期医療の基幹病院として活躍し、24時間いつでも重症の新生児を受け入れています。救命率は全国レベルを上まわっており、高度の水準を維持しています。新生児医療は、産科医療と密接な関係にあることから、その両方を含めて周産期医療といわれています。当院では、重症妊婦を扱う母体胎児集中治療室(MFICU)、重症の新生児を扱う新生児集中治療室(NICU)を設置し、種々の疾患に対応しています。当院は大阪市の西部の周産期医療の中核病院として、大阪府の周産期医療に大きく貢献している他に、兵庫県の東部に位置する西宮市、尼崎市の周産期医療の一部も担っています。

小児科病棟で、お子様の入院患者を受け入れ

新生児が退院した後から中学3年生までの方は小児病棟に入院していただいております。就学前までは原則保護者付き添いでの入院とさせていただいておりますが、他の方への感染のおそれなどがなければ、お預かりでの入院も可能です。小児病棟では、季節感のある飾りや、子どもの好きなキャラクターなどを飾り、明るい雰囲気が感じられるように工夫しています。キッズプレイルームは、絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりしながら、患者さまも付き添いのご家族も、ゆったりできる空間となっております。