OPEN

CLOSE

診療部 ー 脳神経外科

特色

脳神経外科について

脳神経外科とは、脳、脊髄、末梢神経などの病気を外科的に治療する診療科です。具体的には、頭痛、めまい、手足のしびれや痛み、麻痺、物が二つに見える、歩行時ふらつく、記憶が悪くなった、失禁するようになったなどの症状がある患者さんの中に、脳、脊髄、末梢神経などの疾患が見つかることがあります。

その様な症状のある患者さんに対する治療の基本は、症状が何によって生じているものなのかを神経学的所見(診察)や画像検査によって正しく診断し、その後に治療法を選択することです。その病気がお薬などによる保存的治療で治るものであれば良いのですが、薬だけでは治療が困難な場合や、普段の生活に支障をきたす場合には手術的な治療が必要になることがあります。このような患者さんを脳神経外科で治療しています。

脳卒中患者を24時間体制で受け入れ

脳梗塞の治療は時間との戦いです。治療開始が早ければ早いほど回復する可能性が高くなります。一度脳梗塞に陥ると、その部分の脳細胞は死滅し、復活することは困難です。

千船病院では脳卒中患者を24時間体制で受け入れ、治療しています。特に急性期脳虚血患者については千船病院で血栓溶解療法を開始しながら兵庫医科大学に救急搬送し、さらに高度な血管内治療が受けて頂けるようになりました。急に手足の力が入らなくなった、しゃべりにくくなった、目が見えにくくなったなどの症状が出たら、様子を見るのではなく、直ぐに救急要請(119に電話)をして千船病院急患室を受診して下さい。

救急センター