OPEN

CLOSE

診療部 ー 脳神経外科

診療内容

主な実施手術

脳血管疾患、認知症、嚥下障害に対する診療を行っています。

■外科的手術

脳動脈瘤頚部クリッピング(脳動脈瘤根治術)

開頭を行い脳動脈の血管にできた瘤(脳動脈瘤)に対して、瘤のネック(頚)にクリップを掛け瘤の破裂、再破裂を防ぐ手術です。

頭蓋内腫瘍摘出術

開頭を行い頭蓋内にできた腫瘍を摘出する手術です。

■その他外科的手術

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術、頭蓋内血腫除去術、水頭症手術(シャント手術)等

脳血管内手術(コイル塞栓術)

カテーテルという非常に細い管を血管に挿入し、脳動脈の血管にできた瘤(脳動脈瘤)に対して、瘤の中にコイルを挿入し塞栓することにより瘤の破裂、再破裂を防ぐ手術です。

頚動脈ステント留置術

頚動脈の狭窄に対してステントを留置することにより狭窄部を拡張し脳梗塞の発症等を予防する手術です。

血栓回収療法

脳梗塞急性期の新治療方法。t-PAが適応外もしくは効果がなかった場合の心原性脳梗塞症例等で発症後8時間までに血栓を直接除去することにより血流を再開させる手術です。

血栓溶解療法

t-PA心原性脳梗塞症例等で発症後3時間以内に血栓を溶かす薬を点滴することにより血流を再開させる治療方法です。

実績

研究活動

■2017年度 論文

[原著(海外)]

Identification of Multipotent Stem Cells in Human Brain Tissue Following Stroke
Stem Cells Dev. 2017 Jun 1; 26(11): 787–797. Kotaro Tatebayashi

[総説(国内)]

Clinical Neuroscience Vol.35 (17年) 10月号 中枢神経系の血管奇形 ―最新情報
1229 小脳テント部のdAVF 立林洸太朗 吉村紳一

■2018年度 著書

[和文]

脳血管内治療 スタート&スタンダード 治療に必要な血管解剖を知る
立林洸太朗、吉村紳一

■2018年度 論文

[原著(欧文)]

Adipose-derived stem cell therapy inhibits the deterioration of cerebral infarction by altering macrophage kinetics Brain Research
Kotaro Tatebayashi, Toshinori Takagi, Mitsugu Fujita, Nobutaka Doe, Takayuki Nakagomi, Tomohiro Matsuyama, Shinichi Yoshimura

脳血管障害手術実績 ※2017年度

脳内出血 8件
動脈瘤 8件
内膜剥離術 4件
バイパス 1件
血管内治療 2件
合計 23件

脊椎脊髄手術実績 ※2017年度

頚椎前方除圧術 9件
後方除圧術(椎弓形成術) 15件
腰椎部分椎弓切除術 4件
腰椎固定術 1件
脊髄腫瘍摘出術 1件
脊髄硬膜外膿瘍 1件
合計 31件

脳腫瘍手術実績 ※2017年度

髄膜腫 1件
神経鞘腫 1件
転移性脳腫瘍 1件
その他の腫瘍 3件
合計 6件

機能外科手術実績 ※2017年度

微小神経血管減圧術 1件
難治性疼痛
(脊髄刺激装置植え込み術)
1件
末梢神経減圧術 5件
水頭症 18件
合計 25件

脳血管障害手術実績 ※2017年度

急性硬膜外出血 1件
急性硬膜下出血 3件
慢性硬膜下血腫 19件
頭蓋形成術 1件
合計 24件

担当医表

時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 榊原 10時~
陰山
朝田 榊原 朝田
午後 朝田 榊原 担当医 榊原 朝田

医師・スタッフ紹介

部長朝田 雅博

専門分野

脳血管障害、脳神経外科全般

資格など

  • 日本脳神経外科学会専門医

医長榊原 史啓

専門分野

脳神経外科

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本脳血管内治療学会

資格など

  • 日本脳神経外科学会 専門医
  • 日本脳卒中学会 専門医