OPEN

CLOSE

診療サポート部門 ー 臨床工学科

患者さまへ

臨床工学科について

臨床工学科では、人工透析業務、NICU業務、ME業務、人工呼吸器業務、OP業務、循環器カテ・ペースメーカー業務に分かれ、それぞれのME機器の保守点検や操作等を行っています。

血液浄化部門

人工透析室は、ベッド数 個室2床を含み10床です。個人用透析装置 日機装社製 DBB-100NX 2台、多人数用コンソールは日機装社製DCS-100NX 8台でオンラインHDFにも対応しています。透析通信システム FNwebを導入し患者管理に役立てています。透析治療クールは午前(9時00分~)午後(14時00分~)の2クールです。UFフィルターやETCフィルター、微粒子除去フィルターを設置して、トキシノメーターでエンドトキシンチェックを行い、透析液清浄化にも対応しています。また、ICUにも個人用透析装置DBB-100NX 2台あり緊急時の透析の対応や、他の様々な血液浄化療法に対応しています。 主に入院透析を中心に行っています。外来透析は、系列の千船クリニックにて行っており、連携を取りながら維持透析を行っています。

急性血液浄化業務は、ICUにて緊急透析、CHDF、CHF、PE、CART、各種吸着療法などを行っています。

  • ■透析室個室

  • ■スタッフステーション

  • ■透析通信システム

  • ■透析機械室

  • ■透析液管理機器

ME機器・人工呼吸器管理業務

輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器を中央管理しています。ME機器管理システムを導入し、輸液ポンプ・シリンジポンプ等をアクティブタグにて中央管理を行い機器の所在を常時チェックしています。返却機器を点検、調整、清掃修理等を行いQRコードでも管理しています。また院内のME機器の修理や、当科より外部への修理も依頼しています。またICU・NICUの小児用・成人用人工呼吸器の使用前点検、回路交換、回路管理、トラブル対応も行っています。
医療機器安全管理業務として、医療安全管理者のもとで機器の安全への取り組みも行っています。

  • ■ME機器貸出システム

  • ■ポンプチェッカー

  • ■ME室日常の様子

  • ■ICUでの使用中人工呼吸器

  • ■ME室での人工呼吸器保管

NICU部門

NICU(新生児集中管理室)では、新生児に治療を行うのに保育器・人工呼吸器など様々なME機器類を使用します。それらの機器の保守、使用前・使用中点検、修理などを行っています。また人工呼吸器の回路交換、回路・部品管理等も行っています。ME機器管理システムを使用し保育器、シリンジポンプ、人工呼吸器の中央管理も行っています。NO療法の準備は24時間オンコール態勢で対応しています。

  • ■NICU内ME室

  • ■保育器チェック風景

  • ■ME機器ラウンド

  • ■人工呼吸器チェック風景

OP室部門

OP室では、OP使用のME機器全般の機器管理と麻酔器の点検、腹腔鏡・胸腔鏡・子宮鏡・関節鏡等を使用するOPの準備・立会い・メディアに記録などに対応しています。また整形外科領域のナビゲーションシステム使用のOPやロボット手術da Vinci(ダ・ビンチ)の対応も行っています。

  • ■ナビゲーション準備

  • ■OP室内ME室

  • ■OP室器材庫

循環器心カテ部門

アンギオ(血管造影)部門では、心臓カテーテル検査・冠動脈形成術・四肢動脈形成術・シャント血管形成術等に従事し、これらの検査・治療時に使用する様々なME機器の保守点検・IVUSやPCPSの操作等を行っています。また必要に応じ清潔介助業務も行っています。外来に於いて、ペースメーカーチェックも行っています。

  • ■臨床工学技士立会い

  • ■IVUSによる血管腔計測中

  • ■ペースメーカー外来でのチェック風景

医師・スタッフ紹介

医師・スタッフ紹介

科長稔野 益男

資格など

  • 臨床工学技士
  • 3学会認定呼吸療法認定士
  • 透析技術認定士
  • 第2種ME検定

主任田口 友和

専門分野

カテ・循環器担当

資格など

  • 臨床工学技士
  • 第2種ME検定

主任木下 亮

専門分野

透析・ME担当

資格など

  • 臨床工学技士
  • 3学会認定呼吸療法認定士
  • 第2種ME検定

主任沖田 新一

専門分野

OP担当

資格など

  • 臨床工学技士
  • 透析技術認定士
  • 第2種ME検定
  • ITパスポート