OPEN

CLOSE

ちぶねNOW

  • トップ
  • ちぶねNOW
  • リレーエッセイ ~ドクター編 Vol.6~ IFSO 2019 in Madrid(2019年9/3〜7)に参加してきました

2019.10.07リレーエッセイ ~ドクター編 Vol.6~ IFSO 2019 in Madrid(2019年9/3〜7)に参加してきました

投稿者:外科(肥満・糖尿病外科)
    北浜 誠一

スペインのマドリードで行われた国際肥満代謝外科学会に参加してきました。今回は学会初の取り組みとして、世界中から肥満外科術後食のレシピを公募し、その中から選ばれた40種類を記載した「IFSO COOK BOOK」という料理本(20ユーロ)が発行されました。その40種類の中に日本からは唯一、当院の管理栄養士である田中理恵子さん考案のメニューが選ばれました。

  • IFSO COOK BOOK 豆腐レシピ
  • IFSO COOK BOOK 表紙

本題の学会では千船病院から2題の発表を行いましたが、北浜より日本では当院で先駆けて行っている単吻合スリーブバイパス術と呼ばれる手術の良好な治療成績(特に糖尿病の治療効果に関して)について、田中栄養士よりスリーブ術後1年での栄養評価について発表を行いました。

今回の評価では、一般に日本食は欧米に比べて蛋白摂取量が少なく、術後1年程度はフォーミュラ食で補った方が良いであろうということがわかりました。海外を含め、このような学会参加(発表)も積極的に行い、新しい知見を臨床の場にも活かしていきたいと思います。

*国際肥満・代謝障害外科連盟世界会議. International Federation for the Surgery of Obesity and Metabolic Disorders (IFSO).

世界の減量外科医との会食